いつも cawaii Art をご愛顧賜りましてありがとうございます。

現在、神戸市に新しく店舗のオープンを予定しております。併せましてウェブサイトもリニューアル準備中でございます。
それに伴い、オンラインショップ上での商品の販売を一時中止いたしております。

新店舗オープンやウェブサイトの公開についてのお知らせは、従来のfacebookページにてお知らせいたします。
あらかじめご了承くださいますようご協力をお願い申し上げます。



 

ハンガリーを旅して。【食事編】

 

お待たせしました!ハンガリー買付旅行記、今回は【食事編】をお届けします。

海外に行ったら絶対外せない楽しみのひとつ、【食】。

その土地でしか味わえないものや、初めての味、初めて目にするもの…。
ハンガリー料理といわれてピンとくる料理のイメージはあまりなかったものの、現地での食事の時間もとっても楽しみにしていました。





 

 

ハンガリーの食べ物といって唯一思い浮かんだのが、ハンガリーの郷土菓子「クルトシュ」。

もともとはハンガリーだったトランシルヴァニア地方から伝わったお菓子だそう。太めの棒に発酵させた生地を巻き付け、
それをバウムクーヘンのようにクルクルと巻き付けながら炙って焼き上げたものに、仕上げにシナモンシュガーやココアパウダー、
ナッツやをたっぷりまぶして出来上がるお菓子なんです。

焼きたてはアツアツで、生地はもっちりふんわり。甘くて香ばしい香りがやみつきになっちゃうんです。

関西だと神戸にその専門店があり、狭い路地にある可愛らしいお店の前をふらっと通ると必ず寄ってしまいます。

そういうわけで、あわよくば、ハンガリーで実際に本場のクルトシュのお店が見つかるといいなぁ…と頭の片隅で思いながら、
朝から夜まで買付けのために街を巡っていたのです(笑)





 
 

さて、ブダペストに着いて最初の昼食は、駅からすぐのところで見つかったカフェテリアで手早く済ませようと、サンドイッチと温かい飲み物。

大抵どの国に行ってもどこでも食べられる安心の組み合わせにホッと一息。寒さで冷えた体も温まります。





 

 
 

数日間のハンガリーでの食事は、ステーキなどのお肉料理がとにかく豊富に感じました。

ステーキを頼むとそこには主食級に、食べきれないほどのフライドポテトがついてきます。
ハンガリーのレストランでの食事は一人分の量がとても多いので、メインを2人でシェアするのが丁度良く感じました。

店員さんにも、2人でシェアしたいと伝えると快く取り分けるお皿を用意してくれるので大丈夫ですよ。





 

 
 

そんなスープにも、ハンガリーではよく使われるのがパプリカのパウダー。

街のお土産屋さんには必ずと言っていいほど、パプリカのパウダーが売られています。
香りや風味を深くしてくれるパプリカパウダーは、ハンガリーの家庭では必須の調味料なんだとか。

「どんな料理でももっと美味しくしてくれるし、パプリカパウダーがどんなスパイスの中でも
ダントツでベスト!」だそうですよ♪





 

 
 

そして、レストランに行っても必ず目にしたのは、種類の豊富なスープ。

ハンガリーの人はスープが大好きなようで、とにかくさまざまな種類の具沢山スープがあります。

どれも栄養満天でヘルシーかつ美味しいので、おすすめです。





 

 
 

食事の最後に出てきたデザートは、いかにも外国らしいクリームがたっぷりのあまーいデザート。

下の層は柔らかいスポンジケーキで、とにかく外国特有の甘い風味で、碩の口には残念ながら合わなかった様子でした(笑)





 

 
 

甘いものといえば、街のパン屋さんでよく目にしたのが、こちらのパン。

一見シナモンロールのようですが、実はシナモンではなくチョコレートのお味。
ハンガリーの人は朝ごはんとして食べることが多いみたいで、Kakaos Csigaという表記でした。

日本語に訳すと「チョコレートかたつむり」。


一度アジア料理のお店に入ることもありましたが、ハンガリーの料理は日本人の私たちにもとっても食べやすい味付けだなぁという印象でした。




 

 
 

最後に、クルトシュの話に戻りますが…(笑)

クルトシュのお店は街で何度か見かけることがありました。なんだか甘くて香ばしい香りがするなぁと思って振り向くと、
屋台のワゴンが出ていて「あった〜!!」と感激する瞬間があったのですが、
一分でも惜しい!というくらいの勢いでの買付け巡りだったので、今回は本場の味を確認することは断念…!!

次回訪れるときには、街のことも少し分かってきたので、一度立ち寄ってみたいなと思います♪



次回は、ブダペストからお隣の国ルーマニアはトランシルヴァニア地方最大の都市、【クルジュナポカ編】です。



どうぞお楽しみに。




森本