ファッションは誰もが自由に遊ぶべきもの。 自分らしく感性の赴くままに装い、あなたの日常がファッションというArtで輝くことを祈って。

 

「着る」のではなく「装う」

「着る」のではなく「装う」

 


 

こんにちは。art コンセプター碩です。




 



 

今回は、「着る」と「装う」について考えてみたいなと思います。

皆さんは、この違いお解りになりますでしょうか?

私は、感覚的なイメージの違いでしかなかったので、気になって調べてみました。








 

Wear(着る)は、主に意識の方向性が自分自身に向かっていて、自分自身に目的があることです。

着る、という単純な行為です。

目的は、暑い・寒いという機能重視、突き詰めるとおのれにとっての快・不快を目的とします。

クール・ビズがその典型例です。

今の世の中はこちらが大多数を占めます。感覚的に言うなら現在では100人中98人、もはやほぼ10割といったところでしょう。







 

Dress(装う)は、着ている人間の意志が自分以外、つまりエネルギーが自分を含めた世界に向かっていることを言います。

世界という大きなキャンバスの中に自分を置き、風景との調和や作用を意識する行為です。
世界全体の一部として自分をとらえ、全体の一部として自分を見立て、その上でどのようなものを着るかを考えることが装うということですが、 それはつまり自身を含めた風景あるいは景色を作ること、とも言えます。

装った人間が、高級レストランやホテルで優遇される、という理由がそこに存在します。

これは絶滅危惧種ゆえの特権ともいえますが、 この2%枠の美味しさに気づくか気づかないかで人生の愉しさが分かれます。 着る、は即物的で単純な行為ですが、装うは、世界を意識したもので、自らの意志が風景とともにあるという意識が“着る“との大きな違いです。


歴史的・文化的にヨーロッパの狩猟文化で、自然色のツイードで“装う”のも、迷彩という機能由来とはいえ、風景を意識しているから、と言えます。

(edwardism.blogspot より引用)
 

なるほど…。



つまりは、「着る」とは自分の為だけの行為で、「装う」は、見る人や自分が溶け込む風景への配慮をされた服装、という事なんですね。

私の大好きな漫画、「パラダイスキス」に、


「美しい装いは人に勇気や自信を与えるわ。あたしはそう信じて、服を作り続けてきた。あなたにも魔法がかかったかしら。」 という言葉があります。


まさに私が追い求め続けてきたのは、「装う」にふさわしい服作りであり、「装う」事によって、生まれる空気感、オーラを放つファッションなのだなと思います。








 

皆さんも、是非「装う」ファッションを楽しんでみて下さい。 最後まで、お読み頂きありがとうございました。



Art コンセプター 碩 文香 (せき ふみか)